とじる
  • 予告編
  • 特報

戦雲 -いくさふむ-

全国公開中 &  自主上映会募集中全国公開中 &  自主上映会募集中

「国防」をうたい棄民亡国へ突き進む人々へ島々から平和への切なる祈りをこめて

軍事要塞化する南西諸島。圧殺されるのは沖縄の声だけではない−『標的の村』『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督、渾身の最新レポート軍事要塞化する南西諸島。圧殺されるのは沖縄の声だけではない−『標的の村』『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督、渾身の最新レポート

監督:三上智恵語り:山里節子
プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴撮影:上江洲佑弥編集:青木孝文監督補:桃原英CG:比嘉真人イラスト:山内若菜音楽:勝井祐二
製作協力:沖縄記録映画製作を応援する会製作:DOCUMENTARY JAPAN、東風、三上智恵配給:東風
2024年/日本/132分/DCP/ドキュメンタリー
© 2024『戦雲』製作委員会

本当の「国防」とは何か?
圧殺されるのは沖縄の声だけではない

沖縄本島、与那国島、宮古島、石垣島、奄美大島――この美しい島々で、日米両政府の主導のもと急速な軍事要塞化が進行している。自衛隊ミサイル部隊の配備、弾薬庫の大増設、基地の地下化、そして全島民避難計画……。2022年には、「台湾有事」を想定した大規模な日米共同軍事演習「キーン・ソード23」と安保三文書の内容から、九州から南西諸島を主戦場とし、現地の人々の犠牲を事実上覚悟した防衛計画が露わになった。しかし、その真の恐ろしさを読み解き、報じるメディアはほとんどない。全国の空港・港湾の軍事拠点化・兵站基地化が進められていることをどれほどの日本人が知っているか。本当の「国防」とは何か。圧殺されるのは沖縄の声だけではない。

『標的の村』『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督
6年ぶり、渾身の最新作

本作は2015年から8年かけ沖縄・南西諸島をめぐり取材を続けてきた映画作家でジャーナリストの三上智恵による渾身の最新レポートである。タイトルは、山里節子さんが「また戦雲(いくさふむ)が湧き出してくるよ、恐ろしくて眠れない」と歌う石垣島の抒情詩とぅばらーまの歌詞に由る。映画が映し出すのは、迫り来る戦争の脅威だけではない。過酷な歴史と豊かな自然に育まれた人々の暮らしや祭り――それらこそ、まやかしの「抑止力」の名のもとで今まさに蹂躙されようとしているかけがえのない何かであり、私たちの希望と祈りの源にほかならない。

スタッフ

監督三上智恵(みかみ・ちえ)

映画監督、ジャーナリスト。1987年、アナウンサー職で毎日放送に入社。95年、琉球朝日放送の開局時に沖縄に移住。同局のローカルワイドニュース番組のメインキャスターを務めながら、「海にすわる〜辺野古600日の闘い〜」「1945〜島は戦場だった オキナワ365日〜」「英霊か犬死か〜沖縄から問う靖国裁判〜」など、沖縄の文化、自然、社会をテーマに多くのドキュメンタリー番組を制作。2010年、日本女性放送者懇談会放送ウーマン賞を受賞。12年に制作した「標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~」は、ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル大賞など多くの賞を受賞。
13年に映画版『標的の村』で映画監督デビュー。14年にフリー転身。15年に『戦場ぬ止み』、17年に『標的の島 風かたか』、18年に『沖縄スパイ戦史』(大矢英代と共同監督)を発表。
著書に「戦場ぬ止み 辺野古・高江からの祈り」(大月書店)、「女子力で読み解く基地神話」(島洋子氏との共著/かもがわ出版)、「風かたか 『標的の島』撮影記」(大月書店)など。「証言 沖縄スパイ戦史」(集英社新書)で石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 草の根民主主義部門 大賞、城山三郎賞、JCJ賞を受賞。24年1月17日に「戦雲 要塞化する沖縄、島々の記録」(集英社新書)を上梓。

フィルモグラフィ&賞歴

『標的の村』2013年|日本|91分

山形国際ドキュメンタリー映画祭2013アジア千波万波部門正式招待 市民賞&日本映画監督協会賞/日本映画撮影監督協会第22回JSC賞/第87回キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位ほか

『戦場ぬ止み』2015年|日本|129分

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナルコンペティション正式招待/釜山国際映画祭2015ワイドアングル部門ドキュメンタリー・コンペティション正式招待/第89回キネマ旬報ベスト・テン文化映画第2位ほか

『標的の島 風かたか』2017年|日本|119分

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017特別招待/第91回キネマ旬報ベスト・テン文化映画第2位ほか

『沖縄スパイ戦史』2018|日本|114分 *大矢英代と共同監督

釜山国際映画祭2018ワイドアングル部門ドキュメンタリーショーケース正式招待/山形国際ドキュメンタリー映画祭2019日本プログラム部門正式招待/第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位/日本映画ペンクラブ賞2018年文化映画部門ベスト1/第42回山路ふみ子映画賞文化賞/文化庁映画賞文化記録映画部門優秀賞ほか

語り山里節子(やまざと・せつこ)

1937年石垣島出身。8歳で終戦を迎える。兄は乗っていた船が撃沈、妹は栄養失調で防空壕で息絶え、祖父と母はマラリアに罹患し戦争で家族4人を失う。戦後、琉米文化会館で英語を習い、米国地質調査所の調査団の助手を務めたのち南西諸島とアメリカを結ぶ国際線の客室乗務員として働く。その後、石垣島で絹織物の製造に従事。沖縄の「本土」復帰後、環境保護や平和運動に共鳴、78年ごろから白保の新空港建設反対運動に参加。2016年から自衛隊ミサイル基地に抵抗する「いのちと暮らしを守るオバーたちの会」会長。

プロデューサー橋本佳子(はしもと・よしこ)

テレビ、映画とも数多くの受賞作をプロデュースし、放送文化基金個人賞、ATP個人特別賞、日本女性放送者懇談会放送ウーマン賞を受賞。『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎 90歳』(12/長谷川三郎監督/キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位)、『フタバから遠く離れて 第1部・第2部』(12・14/舩橋淳監督/共にベルリン国際映画祭正式招待作品)など。近年は『FAKE』(16/森達也監督)、『いしぶみ』(16/是枝裕和監督)、『Ryuichi Sakamoto: CODA』(17/スティーブン・ノムラ・シブル監督/ヴェネチア国際映画祭正式招待作品)、『柄本家のゴトー』(17/山崎裕演出)、『春の画 SHUNGA』(23/平田潤子監督)などのプロデューサーを務める。
三上智恵監督作品のプロデュースは『戦場ぬ止み』(15)、『標的の島 風かたか』(17)、『沖縄スパイ戦史』(18)に続き本作が四作目。座・高円寺ドキュメンタリー映画祭実行委員。2018年に自由な表現のための多目的スペース「シネマハウス大塚」を東京都豊島区にオープンし、同館のスーパーバイザーを務める。

イラスト山内若菜(やまうち・わかな)

神奈川県出身。日本画家。1999年武蔵野美術大学短期大学部専攻科美術専攻修了。生命をテーマにした作品を手がける。東日本大震災後、福島の牧場に通い、被ばくした動物や牧場を描く。2016年、21年に「原爆の図丸木美術館」で個展を開催。21年「牧場 放」が第8回東山魁夷記念日経日本画大賞入選。23年福島県南相馬市小高地区の「おれたちの伝承館」開館にあわせ天井画「命煌めき」を制作、展示。

音楽勝井祐二(かつい・ゆうじ)

ヴァイオリニスト。1980年代からエレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける。1991年にUKで開催された日英国際文化交流博覧会「1991-1992 JAPAN - UK Festival」の中心展示、ロンドンのロイヤル・アルバート美術館での「VISIONS OF JAPAN」のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、1996年にギタリスト山本精一とバンド「ROVO」を結成。バンド編成のダンスミュージックで、90~00年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。ソロ演奏の他にも「BONDAGE FRUIT」「勝井祐二 × U-zhaan」「ROVO and System 7」「GONG」などの国内外多数のバンド/セッションに参加。その他には映画やドラマの音楽、ダンスとのコラボレーションも手がける。 2019年 放送文化基金賞テレビドラマ部門の最優秀賞を受賞したNHKスペシャルのドラマ「詐欺の子」の音楽を「mouse on the keys」と共に担当。三上智恵監督作品の音楽は『沖縄スパイ戦史』(18)につづき二作目。

コメント

薄さと厚み
この7年を記録するカメラは、真新しい自衛隊基地と、それがまだなかった風景の重層を島々に追う。人々の語りがあの戦争に降りていくとき、取り返しのつかなさが歴史の深みから湧き上がる。それにしても、平和な島を諦めない人々の列の薄さよ。そこにいない私を打つな、打て。人々の心の奥底から湧き上がる、誇りと戦火への否が雲を突き、空を突く。

池田香代子翻訳家

台湾有事を想定して自衛隊と米軍は、日米共同作戦計画の策定を急いでいる。計画で戦域となるのは南西諸島だ。「沖縄を再び戦場にするのか」。「戦雲」の問いかけは重い。

石井暁共同通信社編集委員、立命館大学客員教授、『自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体』著者

正直にいうと運動や組織や政治家たちにうんざりしていた。運動の最前線にある女性を軽視する視線や、ヒーローしか誕生させない構図や、それでももっと大きな国家との闘いがあるから黙らないといけないと思ってしまうことや、そしてなにより、こんなにも嫌だと言っているのに、何も変わらない日本や沖縄の日々が。
でも、三上監督のこの作品をみて元気が出たのだ。子どもを育てながら、牛を育てながら、傷みを抱えながら、足元の生活の場所で大きな力には抗いながらも対話の言葉を探そうとするひとを撮っているからか。かれらの言葉と姿に触れて、まだできることはあるはずだと、自分に問いかけるような、自分の手のひらをじっと見るような映画だった。

上間陽子大学教員

うつくしい風景を切り崩し、増殖していく軍事施設
物々しい武器が島に持ち込まれるのを阻止しようと
声を上げるうつくしい人びと
声は、聞かれるために、受け止められるために発される
しかしそれを意図的に黙殺する者たちが立ちはだかる
カメラは表情を消した彼らの顔と
はねのけられた声そのものを記録し
わたしたちの前へと差し出す
声を、聞かなければならない
聞くのは、わたしたちだ

瀬尾夏美アーティスト/詩人

丸腰の節子さんが歌う。皆で船を漕ぎ、エイサーを踊る。海では魚が跳ねて、山では山羊が草を食べる。大きな雲が差し掛かる中、僕たちが“守る”べきものとはなんなのか?

ダースレイダーラッパー

話が違う、と繰り返し叫ぶ。
約束を破った者たちが黙る。
今、繰り返されていること。
杖をついた老婆が、銃を持った若き隊員に話しかける。
どちらも平和を望んでいる。
この矛盾は誰が作り出したものなのだろう。

武田砂鉄ライター

辺野古や米軍にだけ気にしているとわからない驚愕の事実の連続。
結局対峙せざるを得ないのは、まともに説明せず、嘘を付き、住民の声を聞かずに進める日本政府なのだ。
映画を通して沖縄全体を俯瞰することで日本政府の建前と本音のギャップが怖いくらいに見えてくる。

津田大介ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

「国を守れ」とあなたが言うとき、そこに誰がいるだろうか。あるいは、誰を含んでいないのだろうか。平和をつくることよりも、平和から遠ざかる方が、ずっとお手軽で、あっけなくて、簡単だ。仕方ないとうなだれる前に、わかったふりをして居直る前に、聞くべき声がある。

永井玲衣哲学者

沖縄本島から、離島の与那国島、宮古島、石垣島での取材を続けた8年間に起きたこと、歳月を重ねたからこそ見えてくること。三上さんは、住民の方々一人ひとりの生活圏を脅かされることへの当たり前のNOを発信する姿、国や自治体の戦略により分断される人々、変わっていく島の景色をカメラで紡ぎ続ける。過去を振り返る複雑な声、切迫した荒々しい声、日常を語る柔らかな声、祭りを楽しむ揚々とした声、山里節子さんが唄う民謡とぅばらーま・・・ 重なり合う声や顔が、見ている私たちを、「現場」へと誘い引きつけてやまない。そしてそれは、自分の足元で起きていることだと何度も気づかせてくれる。

濱治佳山形国際ドキュメンタリー映画祭

日本政府は台湾有事が起きたら先島諸島の住民を九州に避難させ、同諸島全体を米軍と自衛隊の作戦拠点として軍事利用しようとしている。映画が描く状況は深刻だが、不思議と暗い気持ちにならず、むしろ前向きになれるのは、国策に抵抗して声を上げる人々の芯の通った生き方とその言葉の力強さゆえだろう。すぐに結果を残せなくとも、力のある言葉は残り、人々の心を動かしていく。それが、やがて大きく実を結ぶ時が必ず来る。

布施祐仁ジャーナリスト

島の人々の生活や豊かな文化が丁寧に描かれている。顔や人生がはっきりと見える。
だからこそ、穏やかな日常が「戦雲」に覆われ始めたことに戦慄する。この映画を見ることは重要だ。
沖縄の問題ではなく日本の問題なのだから。

プチ鹿島時事芸人

戦争と平和、そして、老人と海。これは「正しく怒るためのレッスン」だ。昨年3月、石垣島に陸上自衛隊のミサイル基地が開設した。「国防上の空白解消」と伝える報道もあるなか、反対を続けてきた島民にはどれほどの「敗北」だったか、観ればわかる。いや、観なければわからない。印象的なのは、この映画には正しく怒るひとだけが浮かべることのできる笑顔も収められていること。どこまでも青い海をバックに鳴る坂田明のサックスの美しい音色は、怒りを昇華してたどり着く崇高さの鮮やかなメタファーである。

松尾潔作家・音楽プロデューサー

この映画が問うのは、「沖縄の島々なら押し付けてもいいだろう」と要塞化を進める国以上に、「ヤマト」に暮らし、「押し付けても許されるだろう」と国に思わせている私たち自身ではないか。

安田菜津紀メディアNPO Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト

国防という名のもと、南西諸島でグロテスクなほどに暴走する国家。でも、その島々で暮らし、祭りに沸き、歌い、抗い続ける人たちがいる。
ああ、生活とはなんとたくましいものだろう。私も日々の営みから声をあげていかなきゃ。これは日本に住む私たちみんなの問題なのだから。

和田靜香ライター

(五十音順・敬称略)
製作をご支援くださったみなさま

劇場情報

全国公開中&自主上映会募集中

劇場イベント情報

[東京]シネマ・チュプキ・タバタ:6月15日(土)

6/15(土)12:40の回上映後、三上智恵監督による舞台挨拶

[埼玉]川越スカラ座:6月15日(土)

6/15(土)15:20の回上映後、三上智恵監督による舞台挨拶

北海道・東北
地域 劇場名 電話番号 公開日
北海道札幌市 シアターキノ 011-231-9355 上映終了
3月30日(土)〜4月12日(金)
備考:
北海道旭川市 イオンシネマ旭川駅前 0166-74-6411 上映終了
4月5日(金)〜4月25日(木)
さらに上映延長決定しました!(※4月20日(土)、21(日)=休映)
北海道苫小牧市 シネマ・トーラス 0144-37-8182 上映終了
4月13日(土)〜4月19日(金)
*月曜休館
備考:
北海道函館市 シネマアイリス 0138-31-6761 上映終了
5月10日(金)〜5月23日(木)
備考:
宮城県仙台市 フォーラム仙台 022-728-7866 上映終了
4月5日(金)~5月2日(木)
上映延長決定!4/27(土),4/29(月祝),5/1(水)=休映、ご注意ください!
山形県山形市 フォーラム山形 023-632-3220 上映終了
4月5日(金)~4月11日(木)
備考:
山形県鶴岡市 鶴岡まちなかキネマ 0235-64-1441 7月13日(土)~7月26日(金)
*火曜休館
備考:
福島県福島市 フォーラム福島 024-533-1515 上映終了
4月5日(金)~4月11日(木)
備考:
関東
地域 劇場名 電話番号 公開日
東京都中野区 ポレポレ東中野 03-3371-0088 *アンコール上映*
6月15日(土)〜
備考:上映終了:3月16日(土)~5月17日(金)
東京都豊島区 シネマハウス大塚 03-5972-4130 上映終了
4月13日(土)~4月19日(金)
【『戦雲ーいくさふむ』公開記念特集上映ー三上智恵監督最新作と3作品】 『戦雲』ほか、三上監督過去作『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』『沖縄スパイ戦史』上映!  *詳細は【こちら
東京都北区 シネマ・チュプキ・タバタ 03-6240-8480 6月13日(木)~6月25日(火)
6月15日(土) 12:40の回上映後、三上智恵監督による舞台挨拶
*6月19日(水)=休映 *日本語字幕付き上映 *音声ガイド付き鑑賞も可能
神奈川県横浜市 横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 上映終了
3月16日(土)〜4月26日(金)
備考:
神奈川県厚木市 あつぎのえいがかんkiki 046-240-0600 上映終了
4月19日(金)〜5月2日(木)
備考:
神奈川県逗子市 CINEMA AMIGO 046-873-5643 6月9日(日)~6月22日(土)
備考:
千葉県柏市 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 上映終了
3月23日(土)~4月19日(金)
備考:
埼玉県川越市 川越スカラ座 049-223-0733 6月8日(土)~6月21日(金)
6月15日(土) 15:20の回上映後、三上智恵監督による舞台挨拶
*火・水曜定休日
埼玉県深谷市 深谷シネマ 048-551-4592 6月23日(日)~7月6日(土)
*火曜休館
茨城県那珂市 あまや座 029-212-7531 上映終了
5月4日(土)~5月17日(金)
備考:
群馬県高崎市 シネマテークたかさき 027-325-1744 上映終了
4月19日(金)〜4月25日(木)
備考:
群馬県前橋市 前橋シネマハウス 027-212-9127 6月15日(土)〜6月28日(金)
備考:
栃木県宇都宮市 宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 6月7日(金)〜6月13日(木)
備考:
栃木県小山市 小山シネマロブレ 050-3196-9000 5月31日(金)〜6月13日(木)
備考:
栃木県那須塩原市 フォーラム那須塩原 0287-60-7227 6月7日(金)~6月13日(木)
備考:
中部
地域 劇場名 電話番号 公開日
愛知県名古屋市 ナゴヤキネマ・ノイ 052-734-7467 上映終了
4月6日(土)~5月3日(金・祝)
*火曜休館
備考:
静岡県静岡市 シネギャラリー 054-250-0283 上映終了
4月5日(金)~4月18日(木)
備考:
静岡県浜松市 シネマイーラ 053-489-5539 上映終了
5月17日(金)~5月23日(木)
備考:
長野県長野市 長野相生座・ロキシー 026-232-3016 上映終了
3月22日(金)~4月11日(木)
備考:4/11(木)まで延長決定!※4/6(土)休映
長野県上田市 上田映劇 0268-22-0269 上映終了
4月19日(金)~5月2日(木)
*4/22(月), 4/30(火) 休映
備考:
長野県松本市 松本CINEMAセレクト 0263-98-4928 上映終了
3月31日(日)、4月13日(土)のみ
備考:2日間ともに会場 松本市エムウイング6階ホール
新潟県新潟市 シネ・ウインド 025-243-5530 上映終了
3月23日(土)~4月5日(金)
備考:
新潟県上越市 高田世界館 025-520-7626 上映終了
4月13日(土)〜4月26日(金)
*火曜休館
備考:
富山県富山市 ほとり座 076-422-0821 上映終了
4月6日(土)〜4月12日(金)
備考:
富山県高岡市 御旅屋座 0766-24-9229(Da Friends) 7月13日(土)〜7月26日(金)
備考:
石川県金沢市 シネモンド 076-220-5007 上映終了
4月19日(金)~4月26日(金)
備考:
福井県福井市 メトロ劇場 0776-22-1772 上映終了
4月13日(土)~4月26日(金)
備考:
三重県伊勢市 伊勢進富座 0596-28-2875 上映終了
4月12日(金)~4月14日(日)
備考:
近畿
         
地域 劇場名 電話番号 公開日
大阪府大阪市 第七藝術劇場 06-6302-2073 上映終了
3月16日(土)〜4月12日(金)
備考:
大阪府大阪市 シアターセブン 06-4862-7733 *ロングラン上映*
4月13日(土)より公開中!
備考:
京都府京都市 京都シネマ 075-353-4723 上映終了
3月22日(金)~4月11日(木)
備考:
兵庫県神戸市 元町映画館 078-366-2636 上映終了
3月16日(土)~4月5日(金)
備考:
兵庫県豊岡市 豊岡劇場 0796-34-6256 上映終了
5月10日(金)〜5月22日(水)
備考:木曜日休館
兵庫県宝塚市 シネ・ピピア 0797-87-3565 6月14日(金)~6月20日(木)
備考:
中国・四国
地域 劇場名 電話番号 公開日
岡山県岡山市 シネマ・クレール 086-231-0019 上映終了
4月26日(金)〜5月9日(木)
備考:
広島県広島市 横川シネマ 082-231-1001 上映終了
3月30日(土)~4月26日(金)
※4/19(金)休館
備考:
広島県尾道市 シネマ尾道 0848-24-8222 上映終了
3月23日(土)~3月29日(金)
備考:
広島県呉市 呉ポポロシアター 0823-21-5903 9月13日(金)~9月26日(木)
備考:
愛媛県松山市 シネマルナティック 089-933-9240 上映終了
3月16日(土)~3月22日(金)
*火曜休館
備考:
香川県高松市 ホールソレイユ 087-861-3302 上映終了
4月5日(金)〜4月18日(木)
備考:
九州・沖縄
地域 劇場名 電話番号 公開日
福岡県福岡市 KBCシネマ1・2 092-751-4268 上映終了
3月29日(金)~4月19日(金)、
4月24日(水)~27日(土)、29日(月)
備考:4月24日(水)、25日(木)、26日(金)、27(土)、29(月)に追加上映が決定しました!
大分県大分市 シネマ5 097-536-4512 上映終了
4月6日(土)~4月12日(金)
備考:
大分県別府市 別府ブルーバード劇場 0977-21-1192 上映終了
4月26日(金)~5月2日(木)
備考:
佐賀県佐賀市 シアター・シエマ 0952-27-5116 上映終了
5月10日(金)〜5月16日(木)
備考:
熊本県熊本市 Denkikan 096-352-2121 上映終了
4月12日(金)~5月2日(木)
備考:
宮崎県宮崎市 宮崎キネマ館 0985-28-1162 上映終了
4月12日(金)〜4月25日(木)
備考:
沖縄県那覇市 桜坂劇場 098-860-9555 3月23日(土)~6月28日(金)まで!
備考:
沖縄県沖縄市 ミュージックタウン音市場 098-932-1949 4月26日(金)より公開中
4/28(日)・5/1(水)・5/8(水)・5/11(土)・5/12(日)・5/15(水)~5/19(日)・5/22(水)・5/25(土)・5/26(日)・5/29(水)・6/1(土)・6/2(日)休映
沖縄県宮古島市 よしもと南の島パニパニシネマ 0980-75-3215 上映終了
3月23日(土)~4月11日(木)
備考:
沖縄県石垣市 石垣市民会館 上映終了
4月24日(水)のみ
主催:ゆいシネマを守る会